カーディガンコーデ

おしゃれカーディガン

カーディガンを使いこなしたコーデ

カーディガンとは、毛系類で編んだ前開きのジャケットという意味を持っています。
日頃から使いこなしやすいカーディガンは様々なコーデに欠かすことのできないものです。
かっこいいファッションにもかわいいファッションにもなる使いこなし方ができます。
スタンダードな着こなし方はただ普通に着る着方です。
インナーをシャツにすればかっこいいファッション、ブラウスを着ると清楚に、シンプルな単色の体のラインが出る服を着れば女性らしい着こなし方になります。
またさらに女性らしくするには、肩からかける見せ方があります。
肩からかけ前で簡単に結ぶ、肩からかけたものをななめにずらして見せるなどがあります。
また、腰に巻く位置で見た目の印象も変えることができます。
腰の上だと女性らしくかわいく、腰の下の方だとかっこよく見せることができます。
お尻の大きさを気にされている方にとっては、お尻を隠すことができ、コーデに一色加えることができ一石二鳥です。

カーディガンはコーデ次第で何通りも着回しできる!

カーディガンは一般的にニットで作られた衿のないトップスのことを言います。
寒い時に1枚もっていると羽織りやすくまた肩や腰に巻くなどコーデ方法は様々でとても使いやすいアイテムです。
女性だけでなく男性でも着やすく、またコーデしやすいので何枚持っていても不要になることがないのです。
Tシャツやタンクトップなどのインナーの上に一枚羽織ってジーンズに合わせればカジュアルに着こなすことができ、ブラウスやYシャツの上に羽織ればオフィスなどでも利用ができます。
またワンピースやドレス、キャミソールに羽織ればフォーマルな場でも問題なく着こなすことができるのです。
丈も短いものから長い物など様々ありコーデ次第で色々な使い方ができます。
丈の長いものであればミニスカートやホットパンツを合わせてみたり、スリムジーンズなどにハイヒールなどを履けば大人っぽく着こなすことができます。
丈が短いものであればロングスカートなどボリュームのあるものに合わせることができます。

Favorite

Last update:2017/3/2